整形外科症例

腹腔鏡手術について

当院では、体への負担をできるだけ少なくする腹腔鏡手術を実施しております。
腹腔鏡手術とは、従来の開腹手術のようにお腹を大きく切ることなく、1cmほどの小さな穴をお腹に数か所開け、その穴を利用して器具やカメラを挿入し、テレビモニターでお腹の中を観察しながら行う手術です。
拡大された鮮明な画像で手術を行うことができ、また傷がとても小さいため手術自体の負担が少ないのはもちろん、術後の経過においても動物の体への負担が少ないことが特徴です。

腹腔鏡手術の5つの特長

ポイント1 痛みが少なく、回復が早い
通常の手術に比べて傷が小さいので痛みも少なく、痛みに弱い小型犬にとってはとても大きな利点です。術後の胃腸運動の低下が起こりにくいです。
ポイント2 傷が小さい
従来の手術では傷が大きくなってしまう中型犬や大型犬にとっては大きな利点になります。傷が小さくて体温が下がりにくいのは小型犬にとっても利点となります。
ポイント3 術後のリスクが小さい
開腹手術の場合、内臓が空気に触れたり、直接臓器を触るのでその部分が癒着を起こすことがあります。腹腔鏡手術の場合、このリスクが非常に少なくなります。
ポイント4 安全な手術ができる
ヒトの医療においては腹腔鏡手術は通常の開腹手術に比べ免疫系に与える悪影響が少ないともいわれています。
ポイント5 日帰り手術が可能
翌日には、普段通り元気に回復することが多いです。
※麻酔の影響があるので、1日入院していただく場合がございます。

腹腔鏡のメリット・デメリット

メリット
・術創が小さいため、疼痛など動物への負担が少なく、回復が早い。
・腹腔内の湿潤環境を保つことができ、術後の癒着が少ない。
・鮮明で拡大された画像を見ることができる。
デメリット
・手術時間が長くなる傾向にある
・大きな組織の摘出などは不適応

腹腔鏡手術と開腹手術の違いは?

腹腔鏡手術 開腹手術
安全性 カメラで拡大して血管や神経を確認できる
内視鏡化で止血の確認ができる
肥満犬や大型犬はリスクが増加する
傷の大きさ 1cmほどの傷が3か所
脂肪の量によって卵巣や子宮を取り出すために、1か所の傷を~2cmに拡大することもあり
5cm以上になることもある
卵巣・子宮に負荷がかかる
止血の確認が困難
術後 痛みが少ないため、翌日から元気なことが多い
約10日で抜糸ができる
一つ一つの傷が小さいため、治りが早い
2、3日元気がないことがある
約10日で抜糸ができる
負担 小さい 大きい(特に大型犬)
費用 開腹手術に比べて高価
(高度な機器を用いて手術を行うため)
腹腔鏡手術に比べて安価

 

避妊手術

通常の開腹下手術では3~5㎝の切開を行い、子宮・卵巣を摘出します。さらに小さい切開で摘出することも可能ですが、切開が小さくなればなるほど、子宮・卵巣を腹腔外に牽引する場合に強い力が必要となり、動物が感じる痛みは非常に強くなります。また、視野が狭い分、出血の確認も難しくなります。
一方で、腹腔鏡下手術であれば、1cm弱の切開を3カ所で済み、さらに卵巣や子宮を強い力で牽引することなく、切除が可能です。さらに、視野が拡大された状況で手術を行うため、小さい出血も早期に確認することができますので、安全面も高いです。
手術時間が開腹下手術より長くなるという欠点がありますが、熟練した術者であれば開腹下手術が20~30分に対し、腹腔鏡下手術なら30~40分程度で実施できますので、それほど手術時間が長くなることはありません。

 

潜在精巣(腹腔内陰睾)

潜在精巣とは精巣(睾丸)が陰嚢の中に存在せず、お腹の中に残っている状態です。
その場合、ガンになる確率が13倍ともいわれていますので、手術が必要となります。
開腹手術で行う場合は約5~10cmほどの切開が必要ですが、腹腔鏡手術では1cm弱の切開が2ヵ所だけですので、手術中の痛みはもちろん、術後の痛みも非常に少なくて済みます。
また、開腹下で行う場合、包皮に向かう太い血管を結紮・切断しないといけないため、術後に切開部が腫れやすいですが、腹腔鏡下手術ではその血管を温存できるので、そのような問題が生じることはありません。

 
左;腹腔鏡下手術の切開ライン(黄色)、右;開腹下手術による切開ライン(赤色)

 

膀胱結石

膀胱結石は遺伝的な素因や食餌の種類、運動量の低下などによって膀胱の中に結石が形成される病気です。
膀胱内の結石によって排尿痛、血尿などが生じ、男の子では膀胱結石が尿道内に流れ込み、尿道閉塞を引き起こすことがあります(半日~1日以上排尿できない場合、急性腎障害を引き起こし、危険な状態になりります)。
そのため、膀胱結石摘出術が必要となります。
通常の開腹下手術では、大きな皮膚切開が必要になり、動物に手術後の強い痛みを引き起こすだけでなく、膀胱の奥にある結石を見落としたり、それを摘出するために膀胱にも大きな切開を加えないといけません。
一方、腹腔鏡下手術では、皮膚はもちろん、非常に小さい切開で膀胱結石の摘出が可能で、さらに、開腹下では確認が難しい尿道移行部までも確認することが可能なので、1mmに満たない非常に小さい膀胱結石も取り残さず、摘出可能です。


黄色;通常の開腹下手術で必要となる切開ライン


膀胱内;膀胱尿道移行部まで確認が可能