診療案内

こんにちは。

院長の田中です。

 

先日から実家のM.ダックスフンドのキュートちゃん(女の子、愛称;キューちゃん)を預かることになりました。

うちの3姉妹が遊んでいると、「キューちゃんに舐められたら、とても臭いっ!!」と言いました。

歯石・歯肉炎の有無をチェックすると、少し歯石がついている程度でしたが、確かに口を匂うと臭い。。。子供たちが顔を舐められる度に大騒ぎするくらいに。。。

 

歯周病は、進行すると歯を支えている顎(上あご、下あご)の骨を溶かす病気です。歯周病の末期になると、歯が抜けるだけでなく、口と鼻が繋がって食べたものが鼻から出てきたり、下あごが骨折することもあります。特に、M.ダックスフンドでは多くみられます。

わんちゃんにおける歯石・歯周病は、「歯の病気ではなく、骨の病気」と言えます。

このまま進行すると最悪の結果になりますし、一緒に生活する子供たちにとっても衛生的にもよくないので、早速スケーリングを行いました!!口の臭い匂いの原因は口腔内細菌の増殖ですから、小さな子供にとっては大問題です。

上の写真がキューちゃんの口の中です。あまり歯石はついていませんよね?

これでも口臭はひどいんです!数多くのわんちゃんの口臭を匂った僕でもびっくりするくらいに!!

 

嗅覚という感覚は、人間の5感(嗅覚、視覚、味覚、聴覚、触覚)の中で最もなれやすいとされています。非常に臭いにおいでも、時間とともにそれほど臭いものとは感じなくなるように。

ですから、「うちのわんちゃんは歯石がついているけど、匂いは臭くない・気にならないから、大丈夫!!」と楽観視せず、歯石が付着しているようであれば、一度、病院に診察されることをお勧めします。

 

ちなみに、キューちゃんの歯石を除去した後、子供たちが顔を舐められて大騒ぎすることはなくなりました(^^)

 

アメリカ獣医歯科学会の近年の見解

・3歳以上の犬猫において、80%以上で歯科処置が必要

・毎年、スケーリングなどの歯科処置が必要

2020年9月9日更新

こんにちは。動物看護師の中村です。

今年の夏は特別暑い気がします❗皆様熱中症大丈夫でしょうか?感染症予防の為、診察の待ち時間は極力お外、お車でお待ちいただいており、密にならないよう心がけています。病院のすぐ隣にはテントを設けていますので是非ご利用下さい。外でお待ちいただいている方には冷えたお水も用意していますのでお気軽に受け付けまでお声がけ下さい。

頑張って暑い夏を乗り切りましょう❗

 

2020年8月18日更新

こんにちは。

動物看護師の正露です。

先日幼い頃から興味のあった【ドルフィンスイム】へ行ってきました。

コロナのことがあるので事前に問い合わせしたところきちんと対策もしているので、県外からの参加もOKですとの事でしたので安心して行ってまいりました。

人数制限をしているのと平日だったのもあり何組かの体験の方がいるだけでした。

イルカとの触れ合いから、サインを出してジャンプしてもらったり、背びれを持って小プールを一緒に泳いだりと盛り沢山でした。

可愛いイルカさん達に、とっても癒された1日でした      ° ✧ (*´ `*) ✧ °

最後にこんなプレゼントもいただきました♡

2020年8月4日更新

こんにちは!

看護師兼トリミングを担当している大島です。

今回は私の密かな楽しみをご紹介致します(o^^o)

 

その楽しみとは!

トリミングの後、綺麗になったわんちゃんにバンダナやチョーカーなどの飾りを選び付ける事★

 

 

こんな感じで四季折々新しいデザインや柄を取り入れてます!

 

この子にはどれが似合うかなぁ♪

と選ぶのも楽しいのですが

飾りをつけたわんこ達はなんだか少し誇らしげな気がして

その顔を見るのも楽しみだったりします(*^^*)

 

 

夏が過ぎれば次はハロウィンにクリスマスにお正月…

この先はイベント目白押し!!

飼い主さまにも楽しんでもらえるとなお嬉しいです(*^o^*)

 

2020年7月15日更新

こんにちは。動物看護師の宮川です。

今回、わんちゃん用のちゅ~るを紹介したいと思います!

今まで猫ちゃんちゅ~るしかなかったのですが、この度、わんちゃん用も販売されました。

*カロリー2倍。

*食欲がない時に使用可能。

早速、愛犬ひなにもあげてみました。

普段は何でも食べますが、チュールなど一度もあげたことがなかったので食べてくれるか心配しましたが

勢いよく食べてくれました!

お値段も¥88(税抜き)とお手頃ですので、食欲がない時などに使ってもらえたらと思います。

気になる方は、お気軽にお声かけ下さい!

 

 

2020年7月1日更新

 

こんにちは。
久しく登場致します、
赤メガネの草野です。
突然ですが
最近新しく家族が増えました!
三毛猫(女の子)のサビィです(OvO)
三毛猫なのに錆ィ…。
院長先生に避妊手術をして頂きました!
写真を撮らせてくれない子なので
必殺チュールの登場です。
ぱしゃっとナイスショット( ゚∀゚)o彡゜
普段とても可愛いのですが
気分が逸れたらふいっと離れていってしまうお姫様体質です(´ω`)
そこもまた可愛いです。

以前投稿した時にも
色んな所に行ってた時の写真を載せたのですが
今回もコロナが騒がれる前に色んなところへ行ってたので
これを見てくださる方にも癒しを届けたいので写真を載せてみます!

 

今年は私自身が節目の年でもありましたので
御朱印を開始しようと思い
御朱印周りの為に
今年初めに高野山へ行ってきました。
とある院にお邪魔した時
住職さんから
「この辺りには履き物をこっそり持って帰ってしまう狸さんがいるので

履物は高いところに置いててくださいね」
とこそっと教えてもらいました(´ー`)
狸さんも寒いのは苦手なようです(´+ω+`)

写真は大雪の金剛峯寺さん!

 

そしてある時はうさぎカフェへ
ミニサテン、
ミニレッキス、
ネザーランドドワーフ、
ミニウサギなど沢山の可愛い子たちがいて
とても癒してくれました!

うさ糞を掃除していると物珍しそうに近寄ってくれ可愛かったです。

またある時は
いつもの爬虫類カフェへ
大好きなサバンナモニターの高橋さんを抱っこしに行きました(OvO)
何度も会いに行っているのですが安定の可愛さです。
お名前は忘れてしまいましたが
スタッフさん溺愛のカワイ子ちゃんとも触れ合いました!
またある時は
京都の柴犬カフェへ
這いつくばりながら写真を撮ってたら
沢山のかわい子ちゃんたちにくんくんしてもらえました!

 

最後は京都に行った時に
二寧坂の途中で出会ったのですが
尺八を吹いている男性の足元に
お犬侍!!!
凛々しいお顔がとても可愛いので
お写真を撮らせてもらいました(*>ω<*)

 

あと少し、あと少しとコロナが収まるのを待って
外出を控えているので
写真とサビィとメダカに癒される毎日です。

 

2020年6月17日更新

こんにちは。

院長の田中です。

 

僕は昔から心配性なので、何かあったときに自分の身だけでなく、周りの大事な人を守れる強さが必要だと思っています。

中学生の時からその考えを強く持っていたので、十代のころから柔道、空手、キックボクシング、柔術などの格闘技を学んできました。

 

僕には3人の娘がいます。

彼女たちが何か事件に巻き込まれると困ります(*´Д`)

僕と一緒にいるときであれば、僕が彼女たちを守りますが、娘たちが一人でいるときに何らかの事件に巻き込まれてしまってはどうしようもありません。。。

周囲の人たちからは「心配しすぎ」、「そんな事件に巻き込まれることはないでしょ!!」と言われますが、それは誰にもわかりません。

事実、日々のニュースでか弱い女性を狙った卑劣な犯罪が取り上げられています。身近なところでいうと、痴漢もその中に含まれます。

まして、親ならそういう状況でも対処できる術(すべ)を大事な子供たちに教えておくことは非常に大事だと思います。

 

ということで、僕が今まで体得してきた技術を娘たちに教えようと思い、「田中塾」を開校しました!!

自論ですが、相手に大怪我をさせずに自分が逃げられる時間を確保(数分間だけ相手を制御不能にする)できる格闘技は、「キックボクシング」と「柔道」だと思います(ちなみにどちらか1つでは不十分です)。今後はその2つの格闘技を中心に、教えていくつもりです。

まだ田中塾は開校したばかりですが、これから娘たちを鍛えて、数年後には成人男性にも負けないくらいの女子になってもらいたいです。

 

 

もちろん、まだ料理も作っています(^^♪

今日の昼食と夕食です。

サバの水煮を使った魚介つけ麺

クラムチャウダー、ガーリック肉ライス

クラムチャウダーには約3週間かけて作った自家製パンチェッタを使っています♫

 

最近作って、好評だったものです~

ビーフストロガノフ
昔から一度作ってみたかった料理です。
見た目は「ビーフシチューとクリームシチューを混ぜたようなもの」ですが、サワークリームを使っているので、味は「酸味のきいたハヤシライス」でした。

ペンネ・アラビアータ
ペンネはマカロニに似ていますが、歯ごたえがあるため、マカロニのフニャフニャ感が苦手な人でも美味しく食べられると思います!
アラビアータはイタリア語で「怒っている」という意味で、怒っているように見えるくらい顔が赤くなるほど「辛い!!」というニュアンスがあるみたいです。
奥さんは辛いものが苦手なので、唐辛子の少ない奥さん用と唐辛子をたっぷり使った僕用を2つのフライパンを使って作りました。

石焼きビピンバ
奥さんからのリクエストで作ってみました。
普通のどんぶり茶碗だとビピンバの美味しさが半減するので、奥さん用にビバホームで購入した石焼き容器を使いました。最近の石焼き容器はIH対応なんですよ~。
ナムル(ほうれん草、もやし、ニンジン)はあっという間に作れました。石焼ビビンバは手間のかかる料理かと思いましたが、簡単にできる料理だったんですね!

ナポリタン(次女、三女用)
ホールトマトから作りました(ケチャップ不使用)。
・横浜で生まれた料理
・ナポリタン;フランス語で「ナポリ風のトマトを使った料理」。フランス料理担当のコックさんが作ったので、イタリア語ではないんです。

ペペロンチーノ(奥さん、長女用)
非常にシンプルですが、細かい技術が必要な料理です。
ポイント
1、オリーブオイルにニンニクの香りをつけること。焦げに注意!
2、パスタの茹で汁の塩分濃度は2%(通常は1~1.5%)。
3、オリーブオイルとパスタの茹で汁をしっかり乳化させること
4、仕上げの味の調節はパスタの茹で汁を使うこと(塩は使わない)

 

2020年6月14日更新

こんにちは、院長の田中です。

 

昨日はお休みの日でした。

昼食を作り、テレビを見ながらお昼寝をしていると、副院長の石川先生からの電話で起こされました(;´Д`)
破水したわんちゃんが来院され、子宮収縮剤を投与したが胎仔が出てこず、しかも、超音波検査でお腹の中にいる2頭の胎仔のうち1頭は心臓が動いているかどうか確認できないとのこと。つまつまり、緊急帝王切開が必要な状況です。

石川先生も帝王切開はできますが、午後の診察が始まっているので、できたとしても午後の診察が終わった後(20時以降)になってしまうため、その頃に帝王切開をしても、お腹の中で胎仔が亡くなってしまう可能性が非常に高くなります。。。
ということで、急遽、僕が手術を執刀することになりました。

 

電話を切り、頭がボサボサのまま家を出て、病院に着くころにはスタッフさんたちがオペの準備を完了してくれていました。
帝王切開でも全身麻酔を使用します。母犬にとって全身麻酔はそれほどリスクは高くありませんが、胎仔を取り出すまで時間がかかりすぎると、母犬に投与した麻酔薬が胎仔に移行し、胎仔にまで麻酔がかかってしまいます(産まれても呼吸をせずに死亡してしまう可能性が非常に高くなる)。

ですから、麻酔をかけてから、胎仔を取り出すまでが勝負です!!

麻酔をかける前に毛刈りを終わらせ、麻酔導入時には僕は手術用ガウンを着用し、それと同時に術野を消毒します。この作業は熟練したスタッフが数人必要となります。
胎仔を取り出すまではプロポフォールという麻酔薬を持続的に静脈から投与し、迅速に胎仔を取り出します。取り出した胎仔を看護師さんに渡し、蘇生をしてもらいました。大体、皮膚の切皮から胎仔をすべて取り出すまで3分以内です。

取り出した後は吸入麻酔薬に切り替え、切開した子宮や腹壁、皮膚を縫合します。
子宮を縫合し始めたころ、外から胎仔の「きゅ~ん、きゅ~ん」が聞こえてきました。しかも、1頭だけでなく、2頭分の声が!!
嬉しいことに2頭とも無事に産まれてきてくれました!!!
術後にお母さんに近づけると、勢いよくミルクを飲んでくれました(^^)

休日出勤してよかったと思えた瞬間です(^^♪

 

無事に手術を終え、帰りにスーパーで晩御飯の材料を買い、帰宅しました。

今日の晩御飯は前日の夜にYouTubeで見て美味しそうだったビーフカツを使ったビーフカツカレーにしました。
お肉はスーパーでカットされているものでは子供たちを驚かせられないので、近くの精肉店でブロック(子供たちは脂っこい部位は苦手なので、脂身の少ないもも肉にしました)で購入しました!

揚げ時間を片面30秒ずつにし、ミディアム・レアで仕上げました。

次の休みの日には何を作りましょうかね~?

1㎏の牛もも肉


牛もも肉の無水カレー(水分はすべて具材の野菜や果物)

 

 
スーパーで生らっきょが売っていましたので、人生初のらっきょ漬けを作ってみました。

 

 

2020年5月17日更新

こんにちは。動物看護師のMよしです。

先日、家族が増えました。マロニーちゃんと同じダックスフンドのちょこちゃんです。

ちょこちゃんはブリーダーさんより保護された子で、うちに来た時から歯石と歯肉炎がひどかったので、

田中院長先生にスケーリングと抜歯をしてもらいました(^^)

 

全身麻酔をかけたらまず歯科レントゲンを撮って、歯周ポケットの深さを測って

健康な歯とそうでない歯を選別しました。

その上で、今後ホームケアが十分にできるかどうか等を先生と相談し抜歯する歯を決めました!

<ちょこちゃんの歯科レントゲン>

<手術前>

<手術後>

 

◎術後の様子について

手術後から2日間程は少し出血がありました。

粘膜フラップをしていたので一週間ほどは柔らかいごはんをあげていました。

その後徐々にドライフードに戻しました。

ちょこさんはすこぶるメンタルが強いので、心配している飼い主をよそに

手術翌日からマロニーちゃんと大はしゃぎしておりました。

他に変化したことと言えば、口の痛みがなくなったからかペロペロ大王になりまして

マロニーちゃんと飼い主の顔を舐めまわして愛情表現してくれます(^^)

残った歯を大事にして健康寿命をのばします!

おわり

2020年5月13日更新

こんにちは!看護師の木本です。

新型コロナウイルスが猛威を奮っていますがいかがお過ごしでしょうか。

緊急事態宣言が発令されても、日に日に増えていく感染者数、、、本当に恐ろしいです。

 

以前は当たり前のように購入できたマスクも今では入手困難になりましたね。

私自身も自宅のマスクがそろそろ底をつきそうなので、今回手作りマスクに挑戦しました!

手先が超不器用な私にとってお裁縫は昔から大の苦手なのですが、そうも言ってられないので頑張ってみました。

 

飼い主様から頂いた作り方を参考に・・・

(待ち合いにも置いていますので是非見てみて下さい。わかりやすいです!)

 

↓ 最初の型取りの図

恐らくお裁縫が得意な方なら20~30分で完成しそうな気が( ̄▽ ̄;)

 

と、言いつつ終始騒ぎながら何とか私も完成!(かかった時間1時間以上。笑)

 

思いのほか上手く出来たので、我ながら満足しています😊

付け心地も紙マスクよりフィットして良い感じがしました。

これなら洗い替えで何個か作れそうです!

 

コロナウイルスがいつ収束してくれるのか全くわからないですが、手洗いや消毒をしっかりし、不要不急な外出は控えて

この状況を乗りきって行きましょう!

 

 

 

 

2020年4月25日更新