歯科症例

  スケーリング

犬の口臭の原因の80%が歯周病だと考えられており、10歳を超える犬の約3頭に1頭は歯周病を持っています。
歯周病の原因として歯石の付着が挙げられますが、自宅での歯磨きができない場合やすでに歯石が付着してしまっている場合には全身麻酔下でのスケーリングが必須となります。
スケーリングの頻度は歯石の付着の程度によりますが、海外では年に1回のスケーリングが推奨してされています。


1、スケーリング;チップを用いて歯石を除去します。


2、ルートプレーニング;歯周ポケットの中の歯石や刺激物を除去します。


3、ポリッシング;仕上げに歯の表面をフッ素配合のポリッシング剤で細かい歯石を除去します。

 

歯冠修復

硬いもの(乾燥したジャーキー、おもちゃ)を噛むことで、歯の表面のエナメル質(体の中で最も硬い成分)が欠けてしまいます。
そのままだと、歯髄に感染を起こしてしまうリスクが高くなるため、レジン(歯科用プラスチック)を用いて修復することが必要となります。

1、破損した歯冠部をバーでなめした後、ボンディング剤(オプティボンド;歯冠部にレジンを接着しやすくする)を塗布します。


2、光重合して、ボンディング剤を固めます。


3、歯科充填用コンポジットレジンを塗布します。塗布後に辺縁をトリミングして、終了です。

 

歯周病、根尖周囲膿瘍

歯周病が進行すると、歯根部(歯の根元)に膿が溜まります。
口臭がひどくなったり、顎の骨が溶けたりします。
進行すると、口腔と鼻腔がつながったり(口から飲んだ水や軟らかいフードが鼻から出てきます)、眼の下が膨らんだり、下顎が骨折したりします。
軽度の場合はスケーリングやキュレッタージを行い歯を温存しますが、ほとんどのケースで抜歯が必要となります。

歯根部周囲の骨吸収

歯根部の蓄膿

 
約10mmの歯周ポケットが形成されています。(正常<3mm)


歯根部にたまった膿が眼の下あたりから排泄されることによって、口腔と眼の下の皮膚が開通してしまいます。


フィッシャーバーで多根歯を割って、3本の単根歯に分割。


抜歯後、ラウンドバーで腐った骨を除去。


粘膜フラップを作成し、それを用いて閉創。

 

歯原性嚢胞

歯肉に形成される腫瘤です。
原因は不明ですが、未萌出歯(はえてこなかった歯)が原因とも言われています。
周囲の歯や顎骨を溶かしながら大きくなることや、将来、肉腫(悪性腫瘍)に進行することが分かっているので、広範囲な切除が必要です。


未萌出の歯を中心に、周囲の骨を溶かしています。


原因の歯とその周辺の歯を抜歯。


歯原性嚢胞を含む周囲の歯槽骨や軟部組織を除去。


粘膜フラップを作成し、それを用いて閉創。

 

上・下顎骨腫瘍

腫瘍が歯肉、口腔粘膜などに認められる病気です。口からの出血、採食時の強い痛みなどの症状が認められます。悪性度の高いものであれば、上顎・下顎骨にまで浸潤したり、肺への転移が認められることがあります。治療は外科手術(下顎切除)、抗癌剤などです。術後の数日間は胃瘻チューブの設置が必要です。

上顎の腫瘍


犬歯から前臼歯にかけて上顎骨に浸潤する上顎の腫瘍


腫瘍切除後(上顎を切除してできたスペースは頬側粘膜フラップにて閉創)


切除した腫瘍(線維肉腫)。上顎骨と鼻腔粘膜の一部を一括切除。

下顎の腫瘍


前臼歯、後臼歯歯肉部に出血を伴う腫瘍


術中写真(猫;扁平上皮癌) 黄色矢印;下歯槽動静脈


切除した下顎腫瘍(悪性黒色腫:下顎側全切除術)

 

下顎関節脱臼

原因は落下、交通事故などによる外傷で生じます。
非観血的(外から圧迫して元に戻す)に戻せない場合、外科手術によって整復します。


下顎の左右関節突起の骨折とそれに伴う下顎関節脱臼が認められます   脱臼した下顎関節突起

 

乳歯抜歯

生後6~7ヵ月経っても、乳歯が抜けず、残っている状態です。乳歯が残っていると、乳歯と永久歯の間に食べカス、歯垢がたまって菌が増殖し、歯茎に炎症を起こしやすくなります。歯磨きの管理が難しい場合は、抜歯が必要になります。

一般治療症例抜歯前

一般治療症例抜歯後 歯根が残らないように歯茎の一部を切開・縫合