診療案内

こんにちは、動物看護師の足立です。

湿気で蒸し暑くなってきましたが、皆様体調崩されていませんでしょうか。

今世間ではW杯ロシア大会が盛り上がっていますね。

日本が決勝トーナメント進出できるか楽しみです。

 

さて、日本と気候の全く違うロシアですが、そこではどんなワンちゃんが生まれてきたのでしょうか。

調べてみたところ、ロシア原産のワンちゃんは全部で8種類いるそうです。

①シベリアン・ハスキー

②ロシアン・ボルゾイ

③サモエド

④イースト・ヨーロピアン・シェパード

⑤コーカシアン・シープドック

⑥ブラック・ロシアン・テリア

⑦ロシアン・トイ・テリア

⑧モスクワン・ガーディアン・マスティフ

名前だけ聞いても、後半はほとんど分かりませんね。

画像を検索してみると、ロシアの寒さも相まってかやっぱり被毛が長くて大型の犬種が多いです。

 

高温多湿で土地の狭い日本では飼育も難しくなかなか見かける事も少ないですが、いつか実際に見てみたいものです。

皆様も良ければ検索してみてください。

 

2018年6月28日更新

こんにちは、初めまして。
4月からこちらの病院で働かせていただいてます、ポメラニアンとハスキーが好きな動物看護師の寺本裕美と申します☆

少し自己紹介をしたいと思います。
生まれは吹田市、少しThailandを経て育ちはほぼほぼ川西市です。

オレンジのポメラニアンを飼っていて、名前はもこ丸といいます。
そんな私は地元大好きっこで、ずっと川西で生活していきたいと思っております。

 

その川西もそろそろ梅雨入りの時期ですね。
あつあつ~、じめじめ~っとしたあまり好ましくない季節になります。ヒトにとっても嫌な時期ですが、ワンちゃん・ねこちゃんにとっても嫌な時期です。特に体温調節がヒトよりも苦手なワンちゃんは、この時期は熱中症が多くなってきます。
首にぬれタオルを巻く、ひんやり床を敷くなど色んな対策もあるので、是非熱中症対策を!!

2018年5月30日更新

はじめまして、当院で今年の4月から働いております獣医師の廣田です。

初めてのブログということで、簡単に自己紹介をさせていただきます。

生まれは宝塚で、高校まで池田に通っていたので、川西は私にとってとても馴染み深い場所です。

また大学生の時には大阪で1人暮らしをしていましたが、愛犬のメリーとマロン(通称めりまろ)が可愛すぎて毎週のように実家に帰っていました。。。

ここで本題です!

自分の愛するわんちゃんねこちゃんが少しでも体調を崩してしまうと、飼い主である自分まで心配で気が滅入ってしますよね。

私も愛犬のこととなるととても心配症になっていました。。

そこで少しでも不安や心配を減らせることができるように、飼い主様との対話を大切にしながら治療を進めていきたいと思います!

ですので、ちょっとした気になるところから治療の仕方、日常生活のことまで何でもお気軽にご相談下さい。

これからよろしくお願い致します!!

 

2018年5月17日更新

こんにちは。

動物看護師の梶原です。

 

春真っ盛り、花粉症真っ盛りのシーズンになりましたね。(^^;)

花粉症のピークは過ぎているようですが、重度?の花粉症の私は、ピークとは?というくらい、薬を飲み忘れるとすぐに鼻水と咳に襲われます(^^;)

人間の花粉症患者が増えている中、最近では人間のみならず動物でも花粉症があるようです。

猫の場合はくしゃみ、鼻水といった、人間と似た症状のようですが、犬は皮膚炎としてあらわれることが多いようです。

もし愛犬、愛猫で気になる症状があれば、一度ご相談いただいてもよいかと思います。

2018年4月26日更新

こんにちは。

動物看護士の正露です。

朝晩とお昼の寒暖差があるので、毎日着る服に悩んでいます。

 

先日、我が家のワンちゃんと散歩の際にお花見をしました。

今年は開花が早かったので、既に葉っぱがちらほら混ざっていましたが、

とってもキレイでした。

ワンちゃんを抱っこして桜を近くで見せてあげると花の香りがするのか

顔を近づけてクンクン匂っていました。

 

桜はもう終わりですが所々に色んな花が咲いているので、皆様もぜひお散歩ついでにお花見を♪

2018年4月9日更新

こんにちは、受付の中村です。

春の健康診断、フィラリア検査も始まり病院は大変混みあう日も多くなってきました。

併せて病院の機材の故障により患者さまには長い時間お待たせすることもあります。

ご予約の方が優先となっておりますので是非予約をお勧め致します。(但し当日お電話でのご予約はお電話頂いてから2時間後以降しか取れません。)

 

最近は暖かい日も増えてきました。木々も芽吹いてきており春を感じる今日この頃です。かと思いきやまた冬に逆戻り?と思うくらいの寒い日もあったりで「三寒四温」の言葉の通り寒い日と暖かい日を繰り返しながら春に向かって進んでいるのを肌で感じます。体調管理が難しいこの時期ですが早く暖かくなる日を心待ちにして日々過ごして参りましょう!

 

 

 

2018年3月20日更新

こんにちは。

院長の田中です。

 

先月、アメリカのラスベガスで3日間の軟部外科実習を受けてきました。

ラスベガスでは軟部外科を始め、整形外科、神経外科、ステント手術、内視鏡検査、超音波検査などの実習が行われています。

今回で3回目の参加になりますが、初の軟部外科実習でした。

去年の12月にも整形外科実習のために渡米していたので、今回のセミナーには参加するつもりはありませんでしたが、今回のセミナーでは習得したい手技である『肝葉切除術』の実習がありましたので、急遽参加することにしました。

内容は、肝葉切除術、胆嚢摘出術、膵臓部分摘出術、副腎摘出術、胃捻転胃拡張症候群による胃腹壁固定術、食道裂孔ヘルニアにおける整復術(食道裂孔縫縮術、食道固定術、左胃腹壁固定術)、門脈体循環シャントなどです。

講義をしていただいた2名の講師は米国獣医外科専門医であり、日本とは桁違いの数の手術を執刀されている方々でしたので、経験に基づいた非常に貴重な知識を学ぶことができました。

また、一緒に日本から参加したベテラン先生方からも多くのことをご指導していただいたり、若い先生方からは刺激をもらうことができました。

今回学んだことが、病気で苦しむわんちゃん、猫ちゃんたちのためになるよう、これからも日々精進いたします。

通訳をしていただいた青木先生、神津先生に感謝申し上げます。

Dr. Phil Mayhew、Dr. Daniel Smeak

 

2018年3月3日更新

こんにちは、獣医師の川村です。

我が家の愛犬ナウが鼻を両手で隠して横向きで寝る季節がやって来ました。

しかもファンヒーターの前で。

(夏の間、仰向けになりお腹を見せて寝ていたのですが…)

犬が寒さに強いと一体誰が言ったのでしょう?

我が家ではこのようにナウの寝方で冬が来たと感じることが出来ます。

みなさんはどんな時に冬を実感出来ますか?

日暮れが早くなった時ですか?それとも鍋物がおいしい時ですか?

この季節 食べ過ぎ、飲みすぎにはくれぐれも注意して下さい。

ところで話は変わりますが、愛犬たちのフィラリア予防は大丈夫ですか?

寒くなるとつい忘れがちですが、12月分まで投与しないと予防したことにならないので

よろしくお願いします。

それでは風邪などひかれませんように。

2017年12月1日更新

こんにちは。動物看護士の宮川です。

先日、お休みを頂いてインテックス大阪で行われていたペット博に行ってきました。

当日は、とってもいい天気でたくさんのワンちゃん、珍しいワンちゃんに会うことが出来ました。

会場ではペットの関連グッズやステージイベントなどがあり楽しく過ごすことが出来ました!

初めて愛犬ひなを連れて行きました。

たくさんのワンちゃんがいて最初はびっくりしていましたが、

会場に入ると楽しんで過ごしてくれていたので、また来年も行けたらいいなぁと思いました😊

 

 

 

 

2017年11月14日更新

こんにちは!動物看護師の木本です。

だんだんと朝晩が冷え込む季節になってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は以前からも院内にて、つかみ取りとして設置しております「オーラベット」をご紹介させていただきます!

 

オーラベットとは・・・?

噛むことで歯石や歯垢の沈着を抑えて、気になる口臭を軽減させるためのデンタルガムのことです😊

ほんのりバニラ風味で少し柔らかい素材のため嗜好性が高く、歯磨きが苦手なワンちゃんも高確率で食べてくれているとの結果も!

使用されている原料も、小麦や大豆、米などの天然由来の物を使用していますのでワンちゃんの体にも安心ですね😊

さらに、オーラベットはアメリカの獣医口腔衛生協議会(VOHC)に認定され、高い信頼を得ている製品なのです。

 

本来ワンちゃんのお口の中は弱アルカリ性のため、虫歯の原因となる虫歯菌が繁殖しにくい環境にはなっているのですが、それでもやはりケアが必要です。

そのケアを怠ってしまうとたったの3日で歯垢が付き、その後歯石になってしまうんです・・・😨

 

大事なワンちゃんの歯がいつまでも健康であるようにこの機会に是非デンタルケアを始めてみましょう😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年10月31日更新