診療案内

こんにちは、院長の田中です。

 

昨日はお休みの日でした。

昼食を作り、テレビを見ながらお昼寝をしていると、副院長の石川先生からの電話で起こされました(;´Д`)
破水したわんちゃんが来院され、子宮収縮剤を投与したが胎仔が出てこず、しかも、超音波検査でお腹の中にいる2頭の胎仔のうち1頭は心臓が動いているかどうか確認できないとのこと。つまつまり、緊急帝王切開が必要な状況です。

石川先生も帝王切開はできますが、午後の診察が始まっているので、できたとしても午後の診察が終わった後(20時以降)になってしまうため、その頃に帝王切開をしても、お腹の中で胎仔が亡くなってしまう可能性が非常に高くなります。。。
ということで、急遽、僕が手術を執刀することになりました。

 

電話を切り、頭がボサボサのまま家を出て、病院に着くころにはスタッフさんたちがオペの準備を完了してくれていました。
帝王切開でも全身麻酔を使用します。母犬にとって全身麻酔はそれほどリスクは高くありませんが、胎仔を取り出すまで時間がかかりすぎると、母犬に投与した麻酔薬が胎仔に移行し、胎仔にまで麻酔がかかってしまいます(産まれても呼吸をせずに死亡してしまう可能性が非常に高くなる)。

ですから、麻酔をかけてから、胎仔を取り出すまでが勝負です!!

麻酔をかける前に毛刈りを終わらせ、麻酔導入時には僕は手術用ガウンを着用し、それと同時に術野を消毒します。この作業は熟練したスタッフが数人必要となります。
胎仔を取り出すまではプロポフォールという麻酔薬を持続的に静脈から投与し、迅速に胎仔を取り出します。取り出した胎仔を看護師さんに渡し、蘇生をしてもらいました。大体、皮膚の切皮から胎仔をすべて取り出すまで3分以内です。

取り出した後は吸入麻酔薬に切り替え、切開した子宮や腹壁、皮膚を縫合します。
子宮を縫合し始めたころ、外から胎仔の「きゅ~ん、きゅ~ん」が聞こえてきました。しかも、1頭だけでなく、2頭分の声が!!
嬉しいことに2頭とも無事に産まれてきてくれました!!!
術後にお母さんに近づけると、勢いよくミルクを飲んでくれました(^^)

休日出勤してよかったと思えた瞬間です(^^♪

 

無事に手術を終え、帰りにスーパーで晩御飯の材料を買い、帰宅しました。

今日の晩御飯は前日の夜にYouTubeで見て美味しそうだったビーフカツを使ったビーフカツカレーにしました。
お肉はスーパーでカットされているものでは子供たちを驚かせられないので、近くの精肉店でブロック(子供たちは脂っこい部位は苦手なので、脂身の少ないもも肉にしました)で購入しました!

揚げ時間を片面30秒ずつにし、ミディアム・レアで仕上げました。

次の休みの日には何を作りましょうかね~?

1㎏の牛もも肉


牛もも肉の無水カレー(水分はすべて具材の野菜や果物)

 

 
スーパーで生らっきょが売っていましたので、人生初のらっきょ漬けを作ってみました。

 

 

2020年5月17日更新

こんにちは。動物看護師のMよしです。

先日、家族が増えました。マロニーちゃんと同じダックスフンドのちょこちゃんです。

ちょこちゃんはブリーダーさんより保護された子で、うちに来た時から歯石と歯肉炎がひどかったので、

田中院長先生にスケーリングと抜歯をしてもらいました(^^)

 

全身麻酔をかけたらまず歯科レントゲンを撮って、歯周ポケットの深さを測って

健康な歯とそうでない歯を選別しました。

その上で、今後ホームケアが十分にできるかどうか等を先生と相談し抜歯する歯を決めました!

<ちょこちゃんの歯科レントゲン>

<手術前>

<手術後>

 

◎術後の様子について

手術後から2日間程は少し出血がありました。

粘膜フラップをしていたので一週間ほどは柔らかいごはんをあげていました。

その後徐々にドライフードに戻しました。

ちょこさんはすこぶるメンタルが強いので、心配している飼い主をよそに

手術翌日からマロニーちゃんと大はしゃぎしておりました。

他に変化したことと言えば、口の痛みがなくなったからかペロペロ大王になりまして

マロニーちゃんと飼い主の顔を舐めまわして愛情表現してくれます(^^)

残った歯を大事にして健康寿命をのばします!

おわり

2020年5月13日更新

こんにちは!看護師の木本です。

新型コロナウイルスが猛威を奮っていますがいかがお過ごしでしょうか。

緊急事態宣言が発令されても、日に日に増えていく感染者数、、、本当に恐ろしいです。

 

以前は当たり前のように購入できたマスクも今では入手困難になりましたね。

私自身も自宅のマスクがそろそろ底をつきそうなので、今回手作りマスクに挑戦しました!

手先が超不器用な私にとってお裁縫は昔から大の苦手なのですが、そうも言ってられないので頑張ってみました。

 

飼い主様から頂いた作り方を参考に・・・

(待ち合いにも置いていますので是非見てみて下さい。わかりやすいです!)

 

↓ 最初の型取りの図

恐らくお裁縫が得意な方なら20~30分で完成しそうな気が( ̄▽ ̄;)

 

と、言いつつ終始騒ぎながら何とか私も完成!(かかった時間1時間以上。笑)

 

思いのほか上手く出来たので、我ながら満足しています😊

付け心地も紙マスクよりフィットして良い感じがしました。

これなら洗い替えで何個か作れそうです!

 

コロナウイルスがいつ収束してくれるのか全くわからないですが、手洗いや消毒をしっかりし、不要不急な外出は控えて

この状況を乗りきって行きましょう!

 

 

 

 

2020年4月25日更新

 

こんにちは。

院長の田中です。

 

先月から春の健康診断やフィラリア予防が始まったことで院内がバタバタしており、久々の投稿になってしまいました。すいません<(_ _)>

 

お休みの日は家族で出かけることが多いのですが、雨だったり、今回のコロナウィルスなどで外出ができないときは、子供たちと一緒に料理をします。

主婦の方ならお判りでしょうが、何を作るか・・・。これが大きな問題です(-_-;)

僕が作るメニューのほとんどは僕が学生の時から愛読している「クッキングパパ」からチョイスします。

この作品は、作品中に料理の作り方が図解されているので、ストーリーも楽しめるし、料理も覚えられるので一石二鳥の本なんです(^_-)

簡単に作れるものもありますが、中には手の込んだものもあり、これまでにソーセージ、お蕎麦、杏仁豆腐、梅ヶ枝餅などを作りました(学生時代には、豚の骨を6時間以上煮込んで豚骨ラーメンを作ったことも…)。

 

今回もクッキングパパの本の中からメニューを探そうと本を読んでいると、たまたまYouTuberのHIKAKINさんが、

・カップヌードルを使った「ヌードルチャーハン」

・岡山県で営業しているラーメン屋さん 「二代目 麺処 くるり」さんの味噌ラーメンを再現した「味噌ラーメン」

を作っている動画を見ました。

とても美味しそうだったので、今回はこの2つを子供たちと協力して、昼食に「ヌードルチャーハン」、夕食に「味噌ラーメン」を作ることにしました。

 

…で、ヌードルチャーハンですが…、残念ながら失敗に終わりました…。

チャーハンに合う少し硬めのご飯を炊くように子供にお願いをしたのですが、水の量を間違えたのか、べちゃべちゃのご飯ができてしまいました…(;´Д`)

そのご飯を作って、ヌードルチャーハンを作ってみたのですが、さすがにべちゃべちゃのご飯を使ったチャーハンは食べられたものではないですね…。ご飯を炒める前にマヨネーズを入れるとパラパラの美味しいチャーハンを作れるのですが、それもやりましたが、全然ダメでした…。

それを無理やり食べてももったいないので、急遽、「べちゃべちゃのヌードルチャーハンを使ったお好み焼き」に変更しました。

やっぱり、ソースとマヨネーズのコンビは最強ですね!とても美味しくできました(^◇^)

 

夜の味噌ラーメンは、赤みそ、白みそ、合わせみそをブレンドしたものを使い、味のコクと深みを出すためにラードと大量のすりゴマを投入し、チャーシューも市販で買ってきたものをバーナーで炙りました。

みその調合の割合、野菜・スープ・ラードの量などはすべて適当でしたし、改善すべき点がいくつか見つかりましたが、なかなか美味しくできました。

 

ちなみに、ここ最近作った料理で一番おいしかったものは、ホットクックで作った「牛すじカレー」です(^_-)

べちゃべちゃのヌードルチャーハンを使ったお好み焼き

味噌ラーメン

バーナーでチャーシューを炙り中。右下に愛犬・梅子がカメラ目線で「はい、ポーズ!」

2020年4月5日更新

こんにちは、獣医師の白鳥です。

季節の変わり目で気候が安定しませんが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

今回は昨年5月に我が家にやってきた新しいワンちゃんを紹介したいと思います!

ジャーマンシェパードのサスケです☺

生後2か月でやってきた時は先住犬の菊正宗(柴犬)と同じ10㎏程度でしたが…

 

生後11か月の今では3倍以上になりました!!

子犬の時期は一瞬とは言いますが、大型犬の成長速度には本当に驚かされました。

 

さて、3月からは春の健康診断のシーズンです!

大型犬に限らず、ワンちゃん・ネコちゃんはヒトと比べて成長も老化も早い生き物です。

毎日みているからこそ気付かない小さな変化にも、定期的な血液検査で気付く事ができます。

フィラリア検査の際にも一緒に行えますので、この機会にぜひ利用してみてください。

2020年2月25日更新

こんにちは、獣医師の廣田です。

最近、急に暖かくなったと思えばまた寒くなったりと、気温の変動が目まぐるしいですね。

我が家の愛犬、メリーとマロンも今年で14歳、13歳になり少しずつ年齢を感じるところが出てきました。

そこで今年に入ってご飯の台を新しく購入したところ、首を曲げずにぱくぱく食べてくれるようになりかなりご飯がスムーズになりました。

ほんの少しのことで愛犬の生活が快適になるなら、、、と思うと、何でも揃えたくなりますよね。

皆さんもなにか便利グッズがあれば教えてください!ここで共有させてもらいます!

 

2人が並んでご飯をもりもり食べている姿を見るだけで幸せを感じてしまう今日この頃でした、、、♡

 

 

2020年2月16日更新

お久しぶりです、獣医師の川村です。

暖冬と言われていますが、風邪など召されていませんでしょうか?

我が家の愛犬、ナウ(М・シュナウザー)は、お散歩が大好きで、

リードを用意していると玄関へ走って行き、ジャンプしてアピールします。

息子と行く時は、ハイスピードで走って散歩(?)するので

私との時もスピードを出したがるのですが、体力の関係で…

最初だけ走る事にしています。

どんなに寒くても散歩中は、家に入りたがらないナウですが、

帰って来るとファンヒーターの前で鼻を隠して寝ています。

彼女の特等席です。

 

 

 

2020年1月29日更新

こんにちは、事務の足立です。

阪神・淡路大震災から25年が経ちました。

今日は兵庫県獣医師会小動物臨床部会第8回研修会に参加し、緊急災害時の動物たちへの対応の現状や同行避難についてのお話を聞いてきました。

 

阪神・淡路大震災や東日本大震災のような震災だけでなく、台風による豪雨水害や火山噴火などの様々な災害によって、避難所への避難を余儀なくされた方は数多くいらっしゃいます。

そしていつも課題になっているのはペットなど動物たちへの対応です。

ペットを飼っている人にとっては大切な家族ですが、なかには動物が苦手な方もいらっしゃるため、避難所のなかにはペットの受け入れが難しかったり、屋外で飼育せざるを得ない状態の場所も多く、中には飼い主様も一緒に外で過ごされる事もあったようです。

そういった問題を解決するため、獣医師会だけでなく国や都道府県、市町村と協力して災害時の動物救護、動物医療への対策に取り組んでいるそうです。

万一災害が起きた時に大切な家族と一緒に避難するため、飼い主の皆様には普段から

・ペット、動物の飼育を含めた近隣との良好な関係作り

・不妊措置の実施、しつけ、健康管理

・避難用持ち出し物品の準備

・服用薬の明細、療法食の予備

等を予め意識し、準備して頂ければと思います。

 

熊本地震の避難者を対象とした『避難所の中にペットを入れることについて』というアンケートで、『入れてほしくない』という回答が4割もあったそうです。

動物を飼っていない方にも受け入れてもらい、皆で助け合えるようになってほしいと心から思います。

2020年1月19日更新

明けましておめでとうございます。
院長の田中です。

国内だけでなく、海外の専門医の先生方から最新の治療法を学び、当院に来院される患者さんに大学病院並みの治療を行えるように日々努力していきますので、本年もどうぞよろしくお願い致します。

さっそくですが、日本では古来から年末には餅つきを行う習慣があります。
なぜそのような習慣があるのか全く知らなかったので、少し調べてみました。

その理由として、

① 新しい年の神様である「歳神様」をお迎えして「新しい1年が幸せであるように」お祈りするため
② お餅には、神様がくれる元気な力が入っていて、それをお雑煮として食べることで「生きる力」がつくこと

などだそうです。

その餅つきを「したいっ!!」とスタッフからの要望があり、餅つきを行いました。

お餅を作る家電製品もありますが、せっかくなら杵と臼で作りたいですよね(^-^)ですから、倉庫に眠っていた杵と臼を引っぱり出しました。
数年前に餅つきをしたときは炊いたもち米がべちゃべちゃになり、できたお餅はスライムのようになってしまい、大失敗でした。
その経験を生かし、今回は水をかなり少なめにして炊いたところ、ちょうどいい硬さのもち米を炊くことができました。

うちに置いてあった杵は小さいものなので、餅つきは女性スタッフの方々やうちの娘たちにも手伝ってもらいました。
その結果、もち米6キロで丸餅が約80個くらい作ることができました(5合炊きと3合炊きの炊飯器をそれぞれ4回炊きました)。
僕の地元の香川県では、あん入り餅を使った「あん餅雑煮」を食べる習慣があるので、半分くらいのお餅にはあんこを入れてみました。
ちなみに、「あん餅雑煮」は「白みそ」で作ります。あごだしで出汁を取り、ニンジン、大根、椎茸を入れて数分間煮込み、そこに白みそを溶かし、あん入り餅を入れ、最後に三つ葉を添えるだけの簡単なお料理なので、一度作ってみて下さい(^^♪

できたてのお餅はおしるこやきな粉餅にして美味しく頂きました。素人がこねたお餅なので、表面が凸凹で大きさのがバラバラの見た目はイマイチの丸餅になってしまいましたが、味はバッチリでした!!

両親はスーパーで買ったお餅を準備してたのですが、余ったお餅を実家に持って帰ったところ、「やっぱり、杵と臼で作ったお餅とスーパーのお餅は全然違うね~。来年はもっとたくさん作ってきてね」と言われました。

年末はバタバタして忙しい時期ですが、来年も頑張って作りたいと思います。

2020年1月5日更新

こんにちは。看護師の宮川です。

暑さも落ち着いてきて、涼しい季節になって来ましたが

皆様体調崩されていませんか?

9月の話になってしまいますが、我が家の愛犬ひなが5歳の誕生日を迎えました!

毎年ケーキでお祝いをしていますが、5歳ということでケーキにろうそくをたてました。

写真を撮る前に食べてしまいそうで撮るのが大変でしたが、良い写真を撮ることが出来ました!!

来年も盛大にお祝いをしてあげたいと思います。

2019年10月30日更新