口腔外科症例

CASE

スケーリング

犬の口臭の原因の80%が歯周病だと考えられており、10歳を超える犬の約3頭に1頭は歯周病を持っています。
歯周病の原因として歯石の付着が挙げられますが、自宅での歯磨きができない場合やすでに歯石が付着してしまっている場合には全身麻酔下でのスケーリングが必須となります。
スケーリングの頻度は歯石の付着の程度によりますが、海外では年に1回のスケーリングが推奨してされています。

1. スケーリング;チップを用いて歯石を除去します。
2. ルートプレーニング;歯周ポケットの中の歯石や刺激物を除去します。
3. ポリッシング;仕上げに歯の表面をフッ素配合のポリッシング剤で細かい歯石を除去します。